「バー岡本」での話

当初自分がこの企業に対して描いていたこと

バー岡本は滋賀県の大津市にあります。営業マンだった父とは違う生き方を選んだ彼の挑戦はバーを作る事でした。ラブホを経営してきた祖父、営業マンとして各地を駆け巡った父、そして今、子太の挑戦が始まるんです。とりあえず人を集めようと求人広告を頼もうと色々探して頼んだのでした。そんな彼の努力と思いを知らず、私は淡々と求人広告を見て「あ、バーの求人だー」となんとなく応募しました。

 

求人を見て率直に思ったこと

バーの求人と言うこと以外特に特筆するところはなく。目立ちもしない情報が溢れていると言う感じですね。時給も普通、立地も普通、待遇も特になし、でもなんでしょう。やりがいを書いている文章を見ているととても惹かれるものがあります。この文章から何か惹かれ、築いたら応募してしまっている自分がいました。

 

私「岡本子太」の長所

きえぇ!岡本子太です!自分の長所はこの熱いハートです!これさえあれば誰とでもうまく話せると思い、この仕事を始めました!この仕事をしていればいろんな人と話すことができるのでいい感じに成長できるかなって思いました。今までも熱いね、ちょっと離れてと言われることが多くて、人との距離があってとても人気者な感じになっていました。ほら、アイドルとか芸能人って人と距離がありますよね?ああいう感じですね。