「アンバラ用語」はこうして使う

「アンバラ用語」とは

飲食店にアンバラスという飲食店があります。その中で従業員同士が使う言葉です。それではアンバラ用語を説明します。アンバラ用語は、数字の1か2か3の3つで構成されています。これはオーナーである澤さんが考案した物です。1は、賄いで2は、休憩で3はトイレです。

 

「アンバラ用語」が生まれた語源

なぜアンバラ用語が生まれたのか、これは飲食店でお客様が不愉快になってはいけないとオーナーの澤が考案したのです。学生の頃にバスケットをしていた澤は、ポジションが番号で決まっていることにヒントを得て考えつきました。1と2と3しか使いません。

 

「アンバラ用語」の使う場所

営業時間内に使用します。特にお店が混雑してきて従業員同士がお互いの位置関係を把握しばければいけない時にも使います。使う場所は店内だけです。

 

「アンバラ用語」の使用例

お客様が多くても少なくても、お手洗いに行くといは他の従業員に聞こえる声で「3番行きます。」と言います。そうすると他の従業員が、スタッフ1人が何処に行ったのか所在地を把握できるので混んだりした時にスタッフが足りないと困ることがありません。だからお客様に対して気を抜かないサービスが出来ます。仮に、「トイレに行きます」と従業員がいってからトイレに行くと、何をお客様によっては「そんなこと大声で言ってからいくな、こそっと行けよ」や「今食事中なんですけど」等と思われるお客様もいらっしゃいます。従業員同士がお客様のことを考えて使う言葉がアンバラ用語です。