「北斗七星」での話

当初自分がこの企業に対して描いていたこと

企業名が、私の大好きな漫画と同じであったので豪快な雰囲気がある企業の飲食部門だと思っていましたし、スタッフも料理も豪快だと思い込んでいました。

求人を見て率直に思ったこと

「時給が良すぎる。」「待遇が良すぎる。」と正直に思いました。誰が見てもそう感じると思います。ですが、そう思った反面それほどまでに良い求人情報が残っているのかと疑問に思いました。

私、黒川の長所

自分勝手な行動をしていても自然と渦の中心となって仕事をしている時が多くあります。天性のリーダーの資質があるのだと思います。飲食店には最適な性格です。色々な物事を瞬時に見ることが出来ます。ホールを通るだけでお客様の皿の空状況や新規入店のお客様をスコートする場所などが瞬時に分かります。

私、黒川の短所

瞬時に、いろいろなことを見て分かってしまう為に落ち着きがない。集中力が足りないと言われるのが私の短所になります。

なぜ、この職場に行こうと思ったのか。長所と短所をどう活かそうと思ったのか

いろいろなことを瞬時に見ることが出来るのでホールでは即戦力として働くことが可能だと思っております。お客様の小さな動きにも反応出来ると思っています。

実際の面接でこんな質問されました

あなたはここで学んだ後に、独立を考えていますか? あなたよりとしが下の先輩がいますがどうやって相手をしますか。

働いて学んだこと

働いて教えて頂いたことは、声は大きくハキハキとお客様には常に笑顔で働いている姿をお見せすることを教えて頂きました。