「ますかりとーね」での話

当初自分がこの企業に対して描いていたこと

この店で私は、ますかりとーねの秘伝のタレ「ケンコー図醤油」を学んで、自分で店を建てようとしました。やはり自分の店を持つというのは念願の夢でもありますし、それがないと飲食の求人に応募する意味もないと私は考えていたのです。

求人を見て率直に思ったこと

ここだ!と思いましたね。ずっと自分にとって誇れるものを探していたので、こうした独自製法を貫いているお店は非常に勝ちがありました。ですので、私はすぐにでも応募してこの仕事に就きたいと考えていたのです。

私銀山の長所

私の長所は、常に明るいということです。明るく性格なので少し嫌なことがあったとしてもすぐに忘れてしまい、周りのみんなを明るくすることができるのです。学生時代も友人より「おまえとおったらおもろいわ」と言われていました。

私銀山の短所

楽観主義なので、時に「真剣に考えている?」と言われてしまうことがあります。学生時代も文化祭のもよおしものを考えている時に、普通に発言したつもりだったのですが、真剣に考えてくださいと言われたことがありました。

なぜ、この職場に行こうと思ったのか。長所と短所をどう活かそうと思ったのか

まず、笑顔で接することができるのですぐに馴染めるのではないかと思います。短所については、この短所を活かして、落ち込んでいる人を励ましていこうと思います。

実際の面接でこんな質問されました

この仕事をいつからできますか?と言う質問が来ました。この質問は、私のやる気を試しているのではないかと思ったので、すぐにでも働きたいですといいました。

働いて学んだこと

やはり調理ですね。働いてコレは得ることが出来ました。