さぁ、今こそ飲食で働こう。

今や飲食におけるお仕事が多くなってきているように思えます。数年前までこの事業には飲食とかのスタッフの求人が出ることはないだろうとされていた事業ですら近年では積極的に飲食とフードの仕事を募集していることが多くあります。

つまり、それだけ飲食とフードのお仕事が人手不足になっていると言っていいでしょう。

その原因として考えられるのが、日銀が経済成長を目論んでいる傍ら行っている日本銀行券の出版だと考えられます。つまり市場にお金が流通するわけですから金の価値も下がり物価が上がってくるのです。そうなると生活必需品とされてるもの全てがあがり、外食をしているのと変わらなくなってくるようになるのです。そこで一人暮らしのサラリーマンなどでは、自分で自炊をスルよりも外に食べに行ったほうが安くつくと考え飲食店による人が多くなっているのです。

尚、近年ではテレビなどの進化もありより鮮明に料理などが映しだされていることも飲食店が盛んになる要因の一つとされています。

訪れる人が多くなる一方で、働く人が増えないため飲食店の従業員はハードな日々を過ごしていると聞きます。求人を出してもなかなか人が集まらず、中にはパート労働者出会っても残業が発生しているケースも有り国を上げての改良が求められているとあるテレビのニュース番組で言われていました。

確かに、飲食フードに関わるお仕事や求人を見てみると、注文が殺到して忙しそうなイメージがあると思います。だからそういった求人に応募して自分が働けるだろうかとふあんに思うことがあると思います。

私も以前に居酒屋へ転職する前に働いていたラーメン屋の時は「なんでこうも忙しいのだろう?」と思う日々もありました。しかし、飲食フードの求人について言える利点である社内食事精度等が学生の頃の私にとっては助けになっていました…
そして、そのまかない料理にとある客が着目してこれを商品化しようとしてできたのがあの有名な「つけ麺」なのです。この料理は、ラーメンを出すと汁がアツイためすぐに食べることができない。ならば一層のこと麺を冷やして固めてしまい、その麺と暖かいスープにつけて食べたらどうだろうか?と言う店長の粋な計らいで作られたまかない料理なのです。

その当時そのまかないについて誰もここまで人気の商品になるとは思っていませんでした。
しかし、口コミとテレビ番組に紹介されてからはその人気が止まることなく続いているのです。

そう、飲食フードに関わるということは新しい何か(イノベーション)と出会う最大のチャンスなのです。私達は、このイノベーション自身がこの先行き不透明な日本経済を変化させることができる一つなのではないかと思い、今回飲食フードのお仕事を紹介するようにしました。